メーカー別 繊維ニュース

三陽商会「ポール・スチュアート」婦人服/パターンオーダー全店で/15日からフェアも開催

2018年08月09日(Thu曜日) 午後3時41分

 三陽商会の婦人服「ポール・スチュアート」は、スーツのパターンオーダーを限定店舗で扱ってきたが、今秋から全店舗(38店舗)で展開する。女性管理職の増加を背景に、サイズ調整の範囲を増やし、表地も20から30種類に増やした。

 婦人服のパターンオーダーは、期間限定で10秋に一部店舗で始めた。11秋にはスーツの販売率の高い6店舗で年間を通して販売。「既製品ではサイズが合わない、周囲と差別化されたスーツを探す女性に利用され、リピート率も高い」と言う。

 18秋は15日から百貨店36店、直営店2店で展開。選べる表地を30種類に増やした。従来の着丈、袖丈など縦方向のみのサイズ調整に加え、バスト、ウエスト、裾回り、ヒップの横幅調整にも対応する。

 価格帯は10万4千~24万3千円。縫製は国内工場で、納期は最短4週間から。素材はウール100%を中心に欧州インポート生地や国内生地。カラーは紺、グレー、黒をベースにストライプや無地が中心になる。15日から9月9日までパターンオーダーフェア「メード トゥ メジャー フォー ウーマン」を開く。

 同社は「パターンオーダーは成長分野の一つとし、アイテムの拡大や品質のグレードアップを図り、デジタル技術なども盛り込み、電子商取引での販売も推進していく」考えを示す。