アパレルパーツ 付加価値化が最大の焦点/モノ作りの力と独自性で

2018年08月29日(水曜日)

 国内衣類市場の輸入浸透率は2017年に、数量で97・6%となった。つまり、日本国内で販売されているアパレル製品の国内縫製比率がわずか2・4%になったということだ。金額ベースに置き換えるとまだおよそ20%が国内縫製だとみられるが、それでも海外縫製が隆盛である大勢は揺らがない。アパレル製品を形成するのは生地。ただしもちろん、生地だけで製品は完成しない。ファスナー、ボタン、裏地、芯地、ミシン糸、織りネーム、ワッペンなどさまざまな副資材(アパレルパーツ)が散りばめられて、アパレル製品は完成する。縫製地の海外シフトが進んだ今、アパレルパーツを製造・販売する企業の主戦場も海外にシフトした。アパレルパーツ各社の海外戦略、付加価値化する国内市場向けの戦略など最新動向を追う。