商社原料・ テキスタイル

2018年09月14日(金曜日)

キーワードは「連携」「海外」「独自性」/産地との一体感も必須

 主要商社の原料・テキスタイル事業の近況は、各社によってバラつきが激しい。中国の環境規制を背景に需要が旺盛な北陸産地との商いは全体として好調な推移を見せるが、その他の産地向けはそれぞれの産地の厳しさを反映して状況が厳しい。輸出は各社で分母に大きな違いがあるものの基本的には右肩上がり。国内事業で産地との一体感を強めて独自性のある商材を開発し、海外市場を切り開く。これが、商社の原料・テキスタイル事業の本流になりつつある。