AFF・東京2018

2018年09月20日(木曜日)

出展者数、ブース数が過去最高/ODM館とホームテキスタイル・素材館を新設

 日本最大級の繊維・アパレルOEM/ODM展示会「AFF・東京2018」が26~28の3日間、東京都豊島区のサンシャインシティ文化会館BCDホールで開かれる。今回から「ホームテキスタイル・素材館」を新設、こちらの会場は、隣のワールドインポートマートビル4階Aホール。ビルは異なるが、4階は連絡通路でつながっているため両会場間の移動は容易だ。主催はAFFと日中経済貿易センター。今回が前身の「チャイナファッションフェア」(CFF)を含めて通算33回目の開催。

 今回展の出展者数は481社、ブース数が562小間で、ともに過去最高。うち新規出展者が約4割を占める。今年4月のAFF・大阪で初めて設けて好評だったODMエリア(ODM館)を東京展でも設ける。その出展者は39社で、厳選された企画提案力のあるODM企業が集結する。4月のAFF・大阪のODMエリア、5月に初開催したODM企業を集めた「AFFセレクション」の流れを受けて、東京展でもODMエリアを設けることとした。

 新設されたホームテキスタイル・素材館の出展者は62社で、こちらはAFF・大阪を含め初の試み。

 全く同じ会期で「IFF・マジック・ジャパン」が東京都江東区のビッグサイトで開かれるため、相乗効果を狙って1時間に1本の無料シャトルバスを運行する。

 同展が前身のCFFからAFFに名称変更した理由は、中国以外の出展者にも門戸を広げたこと。今回展にも、日本2社、カンボジア14社、ミャンマー13社、ベトナム6社、バングラデシュ3社が出展する。ほとんどが中国資本の出先工場だが、純粋な現地企業もある。

 出展者の業種別内訳は、アパレル390社、素材37社、雑貨26社、ホーム製品20社、副資材5社、サービス1社――。中国企業による多様な提案が繰り広げられる。