メーカー別 繊維ニュース

東洋紡STC/中国内販を改めて拡大/インナーは春夏も拡充

2018年10月03日(水曜日) 午前11時13分

 【上海支局】東洋紡STCは「インターテキスタイル上海アパレルファブリックス2018秋」で、機能素材の提案に力を入れた。今後の海外展開拡大に向けて中国を重点市場の一つに位置付け、インナーやカジュアル、スポーツなど幅広い分野の商品を提案した。

 今回の主な出展品は異型断面極細ポリエステルの吸水速乾・紫外線遮蔽素材「トライクール」、遠赤外線保温アクリル「セラムA」、高い消臭性能を持つ「デオドライ」など。機能素材の豊富なバリエーションを持つ中、中国の提携工場でも糸・テキスタイル生産が可能な商品を中心に紹介した。ブースでは縫製品サンプルを多く用意し、実演機も置いて機能性を分かりやすく伝えた。

 同社の海外展開は中東向けのトーブ地や欧米向けのスポーツが主力だが、今後の拡大では中国を重点市場に位置付ける。日本本社と東洋紡高機能製品貿易〈上海〉の連携を強めて拡販に取り組む考えで、原綿、糸、テキスタイルでの販売に加え、顧客の要望に応じて縫製品でも対応する。

 中国内販はインナーが先行しており、セラムAやアクリレート系繊維「エクス」など日本エクスラン工業の秋冬保温肌着用素材が多くの中国ブランドに採用されている。今後は東洋紡STCのポリエステルやナイロン、綿など春夏向け機能素材の提案も強め、中国ブランドとの取り組みを秋冬だけでなく春夏にも広げていく。

 現状では少ないというアウターやスポーツなどの顧客開拓にも注力する。アウターはまずカジュアルに焦点を当て、機能性を軸に風合いや質感にもこだわった素材を提案していく。スポーツは得意とする機能素材を軸にトレーニングウエアやゲームシャツなども含めて顧客開拓を進める。