ビシュウ・マテリアル・エキシビション(BME)

2018年10月09日(火曜日)

ウール高騰の対応商品を/持続可能性の流れも顕著

 尾州産地の新作服地の展示会「ビシュウ・マテリアル・エキシビション(BME)」が17~19日、東京都港区のテピアで開かれる。尾州の生地メーカー16社が出展し、19秋冬向けに企画した生地を出品する。一宮地場産業ファッションデザインセンター主催。

 尾州の多くの生地メーカーが対応課題に挙げるのがウール価格の高騰。「びっくりするぐらい上がっている」という声もあり、今後、価格が下がる見通しはないというのが共通認識となっている。対応に苦慮している生地メーカーも多く、この19秋冬企画のモノ作りも大きな影響を受けている。

 ウール高騰への対応策として見られるのは二つ。一つはウールの混率を落としたり、ウールに見える代替素材を使ったりして値段を下げる方法。もう一つは、高価格に納得感を持たせるため、あえてウール100%などで高級感を狙うかだ。

 今展でも、各生地メーカーは、ウールにポリエステルやナイロンなどの合繊を入れてリーズナブルな価格にした生地や、スーパー120、140の梳毛やカシミヤ、シルクなどの高級素材を使った生地などさまざまな商品を出品する。

 そして、もう1つの大きな流れはサステイナビリティー(持続可能性)を意識した商品だ。ノンミュールジングウールや再生ポリエステルといった素材はもちろん、生地を購入すると途上国へ寄付できる仕組みを始めた企業もある。

 欧州ではサステイナビリティーをテーマにした展示会も開かれている。その流れは日本国内に波及しつつあり、2020年の東京オリンピックに向けてさらに加速する。今展ではその一端が垣間見えるだろう。