抗ウイルス加工・素材

2018年10月26日(金曜日)

認定開始から3年で普及/背景に食中毒や感染症

 繊維製品の抗ウイルス加工への関心が高まっている。繊維評価技術協議会(繊技協)の「SEK抗ウイルス加工マーク」の認証開始から3年半で取得社数は19社32マークまで拡大した(2018年10月現在)。背景には毎年のように発生するウイルス性の集団食中毒や国内外での感染症の流行がある。日本発とも言えるこの機能加工・素材の現状と素材メーカーの最新の動向を追った。