14%増の2002億ドル/ベトナム 1~10月輸出

2018年11月02日(金曜日) 午後3時34分

 ベトナム統計総局(GSO)が10月29日に発表した1~10月輸出額は前年同期比14・2%増の2002億7千万ドルだった。輸入額は11・8%増の1938億4千万ドルで、貿易収支は64億ドルの黒字だった。

 1~10月輸出を品目別に見ると、「電話・電話部品」は10・6%増の407億ドルで最大。「繊維・縫製品」が17・1%増の252億ドル、「電子・電子部品」が15・2%増の243億ドルでこれに続いた。

 最大の輸出先は米国で12・8%増の390億ドル。「電話・電話部品」が43・7%、「履物」が15・9%、「繊維」が13・6%増えた。欧州連合(EU)向けは9・9%増の349億ドル、中国向けは21・3%増の321億ドルだった。このほか、ASEAN向けは14・5%増の206億ドル、日本向けは10・6%増の153億ドルだった。

 1~10月輸入額は11・8%増の1938億4千万ドル。このうち「電子・電子部品」の輸入が13・2%増の346億ドル、「機械・部品」が2・0%減の275億ドル、「織物・繊維製品」が12・9%増の105億ドルだった。

 最大の輸入元は中国で、12・4%増の529億ドル。「石油製品」が94・9%、「織物・繊維製品」が17・4%、「電子・電子部品」が10・2%それぞれ増えた。このほか、韓国からの輸入が2・1%増の392億ドル、ASEANからは13・1%増の260億ドルだった。

〈10月単月では1億ドルの黒字〉

 10月単月の輸出額は前年同月比2・3%増の208億ドル、輸入額は13・6%増の207億ドルだった。

 GSOは9月の貿易統計の確定値も発表。輸出額は211億2500万ドルとなり、推計値から6億2500万ドル増えた。輸入額は195億1300万ドルで、推計値から2億8700万ドル減った。

〔NNA〕