メーカー別 繊維ニュース

三陽商会「ブルー/ブラックレーベル・クレストブリッジ」/「ショーディッチ」風にミックステイスト提案

2018年11月09日(Fri曜日) 午前11時43分

 三陽商会の「ブラックレーベル・クレストブリッジ」(以下ブラック)、「ブルーレーベル・クレストブリッジ」(以下、ブルー)は19春夏、英国ロンドンの流行に敏感な若者が集まる「ショーディッチ地区」をイメージした。ブラックはセットアップを強化、ブルーはアウター、ワンピースを拡充する。

 ブラックは「ミックス・オブ・ディファレント・エレメンツ(異なるものを掛け合わせる)」をキーワードにミリタリーやスポーツ、アウトドア、レトロなど複数のテイストをミックスした大人のブリティッシュストリートスタイルを提案。アイコンのクレストブリッジチェックは、ビンテージ調のオリーブやブラウンに加え、パッチワークやカムフラージュ柄を重ねたパターンなどを提案する。

 1月はミリタリー×クレストブリッジチェックのコートなどを投入。2月はミリタリー×アウトドアとしてカラーブロックのモッズコートを打ち出す。カムフラ柄にチェックやロゴをプリントしたシャツなども展開する。

 3月はカジュアルセットアップを強化。2016年から好評のジャカードによるシャドー柄のほか、ポリエステルジャージーや「ソロテックス」使いのセットアップなどを展開する。同月にはパターンオーダーキャンペーンも予定。カジュアルシャツではビンテージチェックやフローラルプリントもラインアップした。

 ブルーは正統派でキュートなスタイルにショーディッチのストリートなムードを加えたコレクションとなった。クレストブリッジチェックは、春らしいシャーベットオレンジやミントグリーンの新色が登場する。

 1月はインバウンド向けに半袖のTシャツやポロシャツを投入。2月はオーセンティックパターン×トレンドとし、マウンテンパーカにグレンチェックを合わせる。人気のスカートは長めと短めの両方を用意する。

 3月はビンテージフラワープリントのワンピース、ブラウスを展開、エプロンドレスにジャージーの組み合わせ、トレンチスカートとプリーツのドッキングスカートもそろえる。4月はドレスコート、ワンピース、ニット、デニムを。雑貨では人気のバッグ「コロン」で、チェック、レザー、ナイロンと素材バリエーションを広げた。