メーカー別 繊維ニュース

瀧定大阪/スタイレムへの社名変更を無期限延期

2018年11月09日(Fri曜日) 午前11時44分

 瀧定大阪の瀧隆太社長は、2019年2月に予定していた、瀧定大阪を存続会社とする形でスタイレムを吸収合併した上で社名をスタイレムに変更する計画を撤回した。

 瀧社長によると、18年4月に発表した社名変更に対して取引先や同社OB、銀行などからの反響が「思いのほか大きかった」。その際に、自身もそれまで知り得なかった同社の歴史や分社化に至る経緯、狙いなどを知ることとなり、「よく知らないままに瀧定大阪という名を消滅させることは早計。もっと丁寧に進めるべき案件だ」と考え直した。

 現時点では社名をいずれ変更するという考えに変化はないが、その時期は未定とした。

 4月の発表の際には、「特に海外事業において瀧定名古屋と混同され、顧客の中で混乱が生じること」などを社名変更の理由に挙げていた。