大阪府被服工業組合 創立60周年

2018年11月13日(火曜日)

将来指針に「ビジョン2018」策定

 大阪府被服工業組合は今年12月、創立60周年を迎える。その長い歴史の中で大阪のユニフォーム業界の発展に大きく寄与してきた。だが、事業環境の激変とともに、ここ10年間で構成員数が減り、事業内容を縮小してきたのも事実。これを受けて今年3月、今後の事業拡大に向けた「ビジョン2018」を策定、節目を機に組合活動の活性化に向けてかじを切った。