香港の環境配慮衣類に欧米から引き合い増加/コスモス・スタジオ

2018年12月04日(Tue曜日) 午後4時8分

 環境に配慮した染色技術で衣料品を製造する香港のスタートアップ企業、コスモス・スタジオは、欧米からの引き合いが増えていると明らかにした。同社の衣料品は染色工程で必要な使用水量を従来に比べ9割以上抑えたのが最大の売り。今後は香港の実店舗でも取り扱いを増やしていく。「明報」が伝えた。

 シャツの染色工程で使用する水は1リットル以下と、従来の染色技術(約44リットル)に比べ大幅に削減。同社の技術を利用して製造したシャツは1枚当たり約88ドルと安価ではないものの、欧米の顧客を中心に受注を獲得している。

 香港では主にネット通販を通じて販売。カプセルホテル「スリープ(眠舍)」と提携し、年内または来年初、寝間着やTシャツの供給も始める。実店舗での委託販売に向けた交渉も進んでいる。

 コスモス・スタジオの前身は、2016年に開業した中古ブランドシャツのオンライン店舗。中国山東省のアパレル企業と環境に配慮した染色技術を開発し、昨年コスモス・スタジオを立ち上げた。〔NNA〕