メーカー別 繊維ニュース

オンワードパーソナルスタイル/空港ビジネス客に照準/「カシヤマ ザ・スマートテーラー」が新店舗

2018年12月20日(Thu曜日) 午前10時51分

 オンワードパーソナルスタイル(東京都港区)は19日、最短1週間で高品質なオーダーメードスーツが製作できる「カシヤマ ザ・スマートテーラー」で、羽田空港国内線第一旅客ターミナル5階に出店した。店舗面積は64平方メートルで、搭乗前や到着後のビジネスマンをターゲットに展開。同店舗は、同じく19日にオープンした空港内の商業施設「THE HANEDA HOUSE」に開設した。

 紳士のオーダースーツに特化した店舗で、ラック什器(じゅうき)や床面は落ち着いた木目調を採用。さらにデジタルサイネージの動画で、細部にこだわったモノ作りのスタンスを訴求する。「今後もリアルタッチポイントを増やし、オーダーメードの民主化を目指す」と言う。

 カシヤマ ザ・スマートテーラーは2017年10月にサービスを開始し、現在は34店舗体制を構築。19年2月末には50店舗に達する見込みで、着実に店舗数を増やしている。3万円台からカスタマイズができる仕様やスピード感のある供給体制に消費者の支持が集まっている。

 同店舗でも熟練のフィッターを配置し、好みの生地やボタン、裏地、デザインを選定できるサービスを用意する。羽田空港の旅客ターミナルビルを運営管理する日本空港ビルデングでは「滞在型コト体験施設」を目指しており、商業ゾーンを拡充している。

〈空港内施設「THE HANEDA HOUSE」オープン/日本空港ビルデング〉

 日本空港ビルデング(東京都大田区)は19日、14店舗で構成する商業施設「THE HANEDA HOUSE」を羽田空港国内線第一旅客ターミナル5階にオープンした。延べ床面積は約4千平方メートル。利用客が“コト体験”で羽田に滞在できる店舗やサービスを充実させた。

 同社の宮内豊久副社長執行役員は、「(羽田空港は)1日に24万人が利用する施設で、年間では8500万人が訪れる場所になっている。搭乗客の消費行動はカスタマイズ型へ移行し、より滞在できる店舗を誘致した」と説明する。

 大型のライブレストラン「LDH kitchen THE HANEDA」、カスタムシューズ「FAMZON」などのほか、アディダス、スターバックスコーヒーなども出店。宮内氏は「滞在型の空港で先行するチャンギ国際空港(シンガポール)、仁川国際空港(韓国)に迫りたい」としていると話す。