東海産地

2019年01月09日(Wed曜日)

強み生かし光見いだす

 原材料費をはじめ、物流費や染料、エネルギー費といったコスト増に加えて、人手不足での廃業による分業体制の崩壊、天候や災害といった外部要因など繊維産業を取り巻く環境は依然として厳しい。東海地方の各産地も難しいかじ取りを迫られており、今後の先行きは不透明感もある。主要な産地の組合理事長に2018年を振り返ってもらうとともに19年の展望を聞いた。