東海染工 コスト削減で岐阜縮小

2019年01月10日(Thu曜日)

 東海染工の古澤秀充社長は2019年について、「染料問題は続く。元に戻ることはない」との前提に立ち、岐阜事業所の縮小などコスト削減を図る一方で、加工料金への転嫁も進める。「生産技術を風化させないために、設備保全の力を高める」との方針も示した。