旭化成・小堀社長 7千億円投資の成果を

2019年01月11日(Fri曜日)

 旭化成の小堀秀毅社長、工藤幸四郎上席執行役員繊維事業本部長は10日、金沢市内のホテルで会見し、4月にスタートする新中期経営計画は、現中計「シーズ・フォー・トゥモロー2018」で決定した「7千億円の投資成果を出すことと、新事業の創出、グローバル経済圏を踏まえた戦略が課題になる」(小堀社長)と述べた。