メーカー別 繊維ニュース

タオル&水回り特集(3)/こだわりの注目商品

2018年11月22日(Thu曜日) 午後4時42分

〈浅野撚糸/「エアーかおる」〉

 「エアーかおる」は一般消費者向け。その原糸である独自製法の特殊撚糸「スーパーゼロ」を使って、高級ホテルなどの業務用タオルも受注生産で対応するなどさらにアイテムは広がりを見せている。

〈犬飼タオル/「すみっコぐらし」〉

 昨年から導入したサンエックスのキャラクターブランド。しろくま、ぺんぎん?、ねこ、とんかつ等の表情がかわいく好評。商品は、同シリーズの「みんなであそぼ」と「鉛筆」。滑らかで気持ちいいシャーリング染料プリントのタオル。

〈小原/「アイナ ハウ」登場〉

 ハワイアンキルトの第一人者でタレントのキャシー中島さんがプロデュースする「アイナ ハウ」は、大人の女性を意識したリゾート感あふれるブランド。ハイビスカスやモンステラなどをモチーフに、タオルやエプロンなど多彩に展開する。

〈内野/しあわせタオル〉

 超長綿のピマコットンを、通常のタオルの約5分の1という100番手の極細糸にし特殊な甘撚りをかけてパイルに使用。繊細で柔らかな風合いを実現した。専門機関の計測では「自律神経のバランスを整え幸せ感に近い」使用感が示された。

〈オーミケンシ/「千ノ羽根」〉

 広島の平和記念公園にささげられる折り鶴からできたレーヨン繊維「折り鶴レーヨン」を使用。多くの人の思いや祈りを多色感のあるグラデーションで表現した。

〈小杉善/「・・・・・Hours」〉

 好みの柄を選んでもらえるようにチェックやオーダー、ドット、ストライプなど多様なパターンをセレクト。カラーバリエーションもそろえた。

〈サンコー/「おくだけ吸着POCO・POCOクッションベンザ」〉

 表面に凹凸を付けて、便座に座った際の体圧を均一に分散。ベンザシートの後ろを高く、手前を低く傾斜を付けることで、立ち上がりやすくした。ポリエステルとともに、通気性の良いウレタン素材を採用することで蒸れやべたつきも解消する。

〈昭和西川/「生活の木」とコラボ〉

 ハーブとアロマテラピー専門店「生活の木」とコラボレーションしたタオル、ケットを新展開する。美と健康に良いとされるアルガンオイルを練り込んだオリジナル糸を使用。機能性と高級感を兼ね備えた心地よい肌触りのブランドに仕上げた。

〈新徳丸/「キャンバス・デ・フレグランス」〉

 動物をモチーフにして、大人から子供まで楽しんでもらえるように手描き調やシルエットで楽しい柄に。染料プリントを採用し、色表現にこだわった。

〈スタイレム/「今治謹製 名入れタオルギフト」〉

 木箱入り今治製タオルギフト「今治謹製」で名入れに対応する。木箱にプリントで名入れし、贈り手のオリジナル性を高める。SPツールとしても最適。同シリーズの「紋織タオル」と「白織タオル」から選べる。

〈東洋紡ユニプロダクツ/「アイスデラックス」〉

 高分子量ポリエチレンとレーヨンによる特殊複合紡績糸「アイスデラックス」使いのタオル。接触冷感性が高く、長繊維の毛細管現象によって吸水性に優れる。毛羽が少なく、さらっとした風合いを持つ。

〈ナストーコーポレーション/「スーパークールタオル」〉

 タオルを濡らして吸水させ軽く絞って強めに振ると気化熱が発生して生地温度が下がる。ポリエステル100%で3層の編み組織にすることで、2層目が保水し、効果的な気化につなげる。19春夏向けは裏面がナイロンで冷感性を高めたタイプも加えた。

〈日繊商工/「もようの森」〉

 デザイナーの稲生美幸氏と宮下明久氏が関わるオリジナルデザインレーベル「Moyoo no Mori」とコラボレーション。手の温もりが伝わるようなデザインで、幾何学模様、ボタニカル・花柄のほか、世界の都市が織りなす模様をコンセプトにして展開する。

〈野村タオル/「センチュリー」〉

 同社の創業100周年を記念して開発した糸で、今治でタオルに仕上げる。高品質なインド綿「DCH‐32」を採用し、超長綿クラスでスビンに近い風合いが特徴。糸の製法にもこだわり精紡交撚の甘撚りで毛羽を抑えつつ、しなやかな手触りがある。

〈本多タオル/「バスタオル卒業宣言」〉

 従来のバスタオルの半分以下の約33×100センチというコンパクトサイズ。吸水力も一般のタオルに比べて5倍あり、1枚で風呂上がりの触れた髪や体を拭ける。甘撚りでボリューム感と軽量感にも優れる。

〈マツイコーポレーション/「ウイングコットン」〉

 オーガニックコットンを甘撚りした段染め糸を使用。ヘリンボンガーゼで風合いと表面感を工夫した。今治製。

〈プレーリードッグ/「ミューファン 銀の糸タオル」〉

 純銀をポリエステルフィルムで挟んでカットした「ミューファン」を使用。持続的に銀イオンを放出し、抗菌・防臭機能を発揮する。ワッフル織りで柔らかく仕上げた。ギフトでケットも提案する。

〈「今治タオル」/コラボ第1弾を実現〉

 今治タオル工業組合は、「今治タオル」のコラボレーションプロジェクト第1弾“肌と髪にとことん優しいタオル”を実施した。ヘアメイクアップアーティストの中野明海さんと、大成タオル、オリム、村上パイル、渡辺パイル織物の組合加盟4社が協業し実現。10月31日から今治タオル公式ショップと公式オンラインショップで販売している。

 4社共通のカラーとサイズ展開ながら、大成タオルは薄く柔らかくマッサージなどにも最適なタオル(認定番号:第2018―1998号)、オリムは化粧パフのように優しいタオル(第2018―1999号)、村上パイルは毛量の多い人や体格の大きい人も使いやすい弾力性に富んだタオル(第2018―1956号)、渡辺パイル織物はオーガニックコットン使いでかわいい感じのタオル(第2018―2015号)と、各社の強みを生かして多彩に仕上げた。

 ブランド誕生から13年目。一つのテーマで共同開発するのは初の試みだ。第2弾、第3弾と続け、ブランディング第2フェーズで掲げるメーカーブランドの育成を図る。