中国の平均個人消費支出/18年は8.4%増の1万9853元/衣料品構成比6.5%に縮小

2019年01月28日(Mon曜日) 午前11時12分

 【上海支局】中国国家統計局によると、2018年の国民1人当たり可処分所得は2万8228元で、名目の前年比伸び率は8・7%、平均個人消費支出は1万9853元で、同8・4%となった。

 衣料品(衣類・靴・帽子・ニット品)の平均個人消費支出は1289元で、4・1%増えた。伸び率は前年に比べ1・2ポイント加速した。一方、構成比は6・5%で、前年に比べ0・3ポイント縮小している。

 構成比を拡大したのは、医療保健(17年7・9%→18年8・5%)と生活用品・サービス(6・1%→6・2%)、住居(22・4%→23・4%)。平均個人消費支出は、それぞれ1685元、1223元、4647元となった。