メーカー別 繊維ニュース

オンワード樫山/婦人服「J・プレス」好調/秋冬商戦はドレスがリード商品

2019年02月04日(Mon曜日) 午前11時11分

 オンワード樫山が販売する婦人服「J・プレス」は、この秋冬商戦が前期比5%増で着地する見通しとなった。昨年10月に投入したコート類が堅調に推移したほか、ドレス系の品番がリード商品になっている。19春夏シーズンに向けてもドレスの構成比を15%に高め(前年の春夏は8%)、天然素材を軸にMDを組む。

 店頭では1枚でスタイリングがまとまるドレス系品番が好調をキープしている。今春夏物の最盛期には清涼感のあるシャツドレスやトラッド、スポーティーベースの単品を投入する。ドレスの価格は2万円台が中心になる。

 例年ではシーズンの立ち上がりに多くの商品を投入し、VMDを含めた華やかな演出を行うが、「J・プレス」ではボリュームで売る商品をやや後ろに倒し、実需を意識した販売手法を取っている。今後は5~6月に展開する盛夏物に厚みを持たせる。

 そのほかにもマザーニーズに向けたス―ティングやライトアウター、カジュアルなフィールドジャケット、マウンテンパーカなどを提案。ブランドが得意とするアウター類も充実させる。消費者の購買動向が変化したことで、「さらに盛夏物の投入時期を見極めたい」(オンワード樫山)と説明している。