メーカー別 繊維ニュース

東レ・オペロンテックス/オフィシャルグッズ販売 京都マラソン2019で

2019年02月04日(Mon曜日) 午前11時18分

 東レ・オペロンテックスは2月17日開催の「京都マラソン2019」を協賛している。15、16日に行われるランナー受け付けの会場(みやこめっせ)に自社のブースを構え、「ライクラ」関連アイテムをPRするとともに今回、初めて大会関連グッズの販売を行う。

 京都マラソンは2012年に始まり、今回で8回目の開催。今年は約1万6千人が出場する。そのうち2千人前後を東南アジアからの外国人が占めているのが、同マラソンの特徴という。地元のワコール、オムロンがゴールドパートナーを務めており、東レ・オペロンテックスは第1回大会からシルバーパートナーとして協賛してきた。例年、本番の前々日と前日にみやこめっせでランナー受け付けが行われており、協賛各社は会場内にブースを設け自社の取り組み、製品を紹介してきた。

 今回、同社は「ライクラ」で商品化されたワコール「CW―X」を4体のマネキンでアピールするとともに、大会のオフィシャルグッズとして企画したストレッチタオルを販売する。

 タオルは今治産地の藤高製。素材は綿98%、ライクラ2%の横ストレッチ織物で、価格は1200円(税込み)。オフィシャルグッズとしてストレッチハンカチも用意しており、ブース内の4体のマネキンの前で記念撮影した来場者に贈呈する。