18年1~11月ホーム企業/売り上げ3.8%増える/対米じゅうたんが急伸

2019年02月05日(火曜日) 午前11時2分

 【上海支局】中国家用紡織品行業協会によると、中国の一定規模(年間売上高2千万元)以上のホームテキスタイル企業1861社の2018年1~11月売上高は、1930・32億元で前年同期に比べ3・8%増えた。伸び率は前年同期に比べ0・82ポイント縮小した。米中貿易摩擦で減速が懸念される対米輸出は堅調で、中でもじゅうたんが大きく伸びた。

 分野別では、生地223社の売上高が220・44億元で、7・8%増えた。タオル287社は362・46億元で、5・7%増。寝装寝具企業988社は1017・82億元で、2・9%増えた。

 市場別輸出額の伸び率は、6・8%。上位四大市場は、米国10・8%、欧州連合(EU)8・1%、日本5・6%、ASEAN5・3%。

 じゅうたんの輸出額は27・28億元で、11・8%増。うち、米国向けは6・49億ドルで、21・4%も増えた。

 米国が18年9月、10%の制裁関税を発動した2千億ドル相当の商品にじゅうたんが含まれており、米中摩擦の影響拡大を警戒する企業の駆け込み需要が、輸出額を押し上げたもよう。