高島産地 天然の風合いと合繊の機能を共存

2019年02月08日(金曜日)

 高島綿強撚織物産地の近年の商品開発は、綿素材を綿花、糸の選定、織り方によって「バージョンアップ」させる方向性と、綿に機能性合繊を絡める方向性とに二分される。今日8日まで大阪市中央区の綿業会館で開く産地総合展「ビワタカシマ2020春夏」展でこの二つの方向性を確認できる。