台湾・耀億/浙江省にイケア向け新工場

2019年02月13日(Wed曜日) 午前11時8分

 不織布や線材を手掛ける台湾の耀億工業はこのほど、450万ドルを投じ、中国浙江省嘉興市に新会社を設立すると発表した。スウェーデンの家具販売店「イケア」向け製品を生産する工場を設ける。同社が嘉興市に進出するのは初めて。「経済日報」などが伝えた。

 新会社の名称は「嘉興雅康寧繊維製品(仮)」。嘉興市に設けるのは、イケアのサプライヤーが同地域に集中するため。耀億はイケアの収納ラック向けに不織布を生産しているが、今回新たに生産する製品の内容は明らかにしていない。

〈越工場は2期が下半期稼働〉

 耀億は同日、深セン工場の生産ライン移転を目的に計画を進めていたベトナム新工場への増資案を決議した。400万ドルを投じ、工場や付属施設を増設する。早ければ下半期(7~12月)の稼働を見込む。第1期は第1四半期(1~3月)の試験生産開始を予定している。〔NNA〕