18年のタイ繊維品輸出/衣料品が一転して増加/対米 11%増でけん引

2019年02月20日(Wed曜日) 午前11時31分

 タイ衣料品製造者協会(TGMA)がまとめた貿易統計によると、2018年のタイ繊維品輸出は前年比6%増の71億3700万ドルだった。17年の4%増から伸び率はやや拡大した。うち衣料品は5%増の24億6900万ドルで、17年の前年比3%減から増加に転じた。減少から大幅な増加に好転した対米輸出がけん引した。糸・わた・生地・2次製品を含むテキスタイルは7%増の46億6800万ドル。17年の8%増からはわずかに鈍化した。

 衣料品の32%を占める化繊衣類は7億9600万ドルで5%増。17年は2%減だった。25%を占める綿衣類は6億500万ドルで9%増えた。8%減から一転して伸びた。22%を占めるその他素材による衣類も、5億4200万ドルで10%増と高い伸びを示した。17年には2%減少していた。

 衣料品輸出の首位市場である米国向けは8億9200万ドルで11%も伸びた。6%減だった17年から様変わりした。欧州連合(EU、28カ国)向けも、5億6300万ドルで9%増加した。17年は1%増にとどまっていた。日本向けは、3億8600万ドルで2%増(前年は3%増)と変化が少ない。

 テキスタイルの31%を占める織物は14億2600万ドルで、3%増加した。前年の6%増からは鈍化した。織物とは対照的に、21%を占める合繊長繊維・短繊維は9億9200万ドルで24%増(前年は17%増)となり、高かった伸びをさらに拡大した。

〈輸入は15%伸びる/中国衣料品36%の激増〉

 18年のタイの繊維品輸入は48億3800万ドルで、前年比15%増加した。伸び率は、17年の4%から11ポイントも拡大している。内訳は、衣料品が11億8700万ドルで31%増(前年は6%増)、テキスタイルが36億5100万ドルで11%増(3%増)。

 衣料品の急増は、中国からの輸入が、6億3700万ドルで36%増と急拡大したため。16年には4億5千万ドル、17年には4億6700万ドルだった。伸び率は、17年の4%から10倍近くに膨らんだ。中国のシェアは17年の52%から54%へ拡大した。

 カンボジアとベトナムからの輸入はともに8800万ドルで、規模は比較にならないものの中国に次ぐ。カンボジアは前年比34%増(17年は49%増)、ベトナムは36%増(15%増)と伸びた。

 テキスタイルの内訳は、糸・わた17億9900万ドル(前年比10%増)、織物18億5100万ドル(12%増)。17年にはそれぞれ8%増、1%減だった。