メーカー別 繊維ニュース

オンワード・リユースパーク/5周年記念パーティー開く/21万着販売

2019年02月21日(Thu曜日) 午前11時18分

 オンワードグループの環境・社会貢献活動を生活者にダイレクトに伝える拠点として2014年3月にオープンした「オンワード・リユースパーク」(東京都武蔵野市)は19日、顧客や関係者を集め、同店舗で5周年記念パーティーを開いた。

 オンワードホールディングスの保元道宣社長は「5年で11万人が訪れた。オンワードブランドのリユース商品を約21万着購入され、チャリティーに協力いただいた。この収益は日本赤十字社を通じて、世界の子供たちや被災者に、毛布や軍手の提供、洋服支援の形で貢献した」とあいさつ。

 オンワード・リユースパークのロゴが3重の糸に囲まれている由来について、「1周目は循環、2周目は地域密着の円満、3周目は地球を示す。25年先には4周目として“円熟”の糸を巻きたい」と述べた。会場では松下玲子武蔵野市長、ビルオーナーの三宅哲夫三宅商店社長、田中康夫日本赤十字社事業局国際部長もあいさつした。

 同ショップでは引き取った衣料品を活用して創作活動を楽しむワークショップや、リメーク雑貨の販売を行うほか、17年8月からオンライン通販ショップも開始し、回収衣料品の活用方法の幅を広げる。