紡毛・獣毛素材

2019年02月25日(Mon曜日)

19秋冬立ち上がり順調 /ウール、獣毛の魅力伝える

 紡毛織物の19秋冬向けの生産は順調な立ち上がりと言える。昨年は18秋冬向けが好調で尾州産地では生産スペースが不足したこともあり、今シーズンは早期に受注が入った。ただ、暖冬の影響で店頭の売れ行きが良くないため、追加発注の有無が注目されている。先行きの不透明感が漂う中、紡毛織物や獣毛素材を手掛ける有力企業の戦略を探る。