メーカー別 繊維ニュース

オンワード樫山/「組曲キッズ」実用性重視でワンピース浮上

2019年02月26日(Tue曜日) 午前11時13分

 オンワード樫山が販売する女児服「組曲キッズ」のワンピースが売れ筋に浮上している。いずれも襟付きやフリル使いの清楚なイメージで、入卒園式や冠婚葬祭にも対応できるデザインが特徴。同社によると「昨年12月頃から下見が始まり、購買のピークは年々遅くなっている印象」と説明する。

 今季の入卒園向け企画(100~140センチ前後)では、ワンピースを主力に据えた。グログラン刺しゅうを施したワンピース単体での訴求に加え、トリミングジャケットやカーディガンを羽織る提案が軸になっている。購買する親は実用性を重視しているようで、着回しができるデザインに当たりがある。

 もう少し上の年代になる入卒学向け(150~170センチ前後)でもワンピースの動きが良いと言う。この年代は、アイドルグループ「乃木坂46」の影響が大きく、彼女たちが着用するような学校の制服風ワンピースが品薄状態に。ワンピースにコンサバティブなジャケットを合わせたスタイルも根強い人気になっている。