ベトナム/19%増の49億ドル/1~2月アパレル輸出

2019年03月11日(月曜日) 午後4時15分

 ベトナムの1~2月の繊維・衣料品輸出が前年同期比19%増の48億9千万ドルに達した。同分野は既に受注量も十分なことから、今年も好調に推移する見通し。5日付「サイゴンタイムズ」が伝えた。

 同期の輸出量は、天然繊維が前年同期比13・8%増の8950万平方メートル、化学繊維が13・5%の1億6400平方メートル。衣類品は10・7%増の7億7390万アイテムといずれも大幅に増加した。

 商工省によれば、国内の多くの企業が既に第2四半期(4~6月)末や年末に向けて、十分な受注を受けている。ベトナム繊維・衣料グループ(ビナテックス)のレ・ティエン・チュオン社長は、好調だった昨年に続き、今年8%の成長率を達成するためには生産性の向上とコスト削減が重要だと語った。

 2018年の繊維・衣類品の輸出額は362億ドルで、前年から16%増加している。

〔NNA〕