山東省繊維企業 「対日はまだ伸ばせる」

2019年03月14日(木曜日)

 中国・山東省繊維企業の対日ビジネス拡大への共通認識は、「価格とロットへの対応」にある。日本市場で衣料品不況が続く中、日本の商社やアパレルからは「低価格」「低コスト」が強く求められ、大ロットがASEANなどにシフトする現状、小ロット対応も必須条件になっている。