メーカー別 繊維ニュース

ごえんぼう

2019年04月26日(Fri曜日) 午後4時23分

 クラレ特別顧問の松尾博人さんが亡くなった。社長をされていた1993年から7年間、幾度かの取材の中で記憶に残るフレーズが幾つかある▼「小さな池の大きな鯉」とは市場規模は小さくてもトップシェアを目指すニッチ戦略のこと。今ではポバール、EVOH樹脂「エバール」をはじめ高耐熱性ポリアミド樹脂「ジェネスタ」など世界でナンバーワン、オンリーワン製品の売上高が全体の過半を占める▼「『バスに乗り遅れるな』ではダメ」は当時相次いだ中国進出についての考え。繊維輸出畑が長く、広州交易会などを通じ中国とはなじみが深かっただけに、リスクも熟知されていたのだろう。それでも「クラリーノ」の加工拠点を確保するなど、打つべき手は怠らなかった▼飾らない人柄で大阪本社近くの大衆中華料理屋がお気に入り。社長時代は自粛されていたが、退任後ごちそうになった焼き餃子は確かに美味だった。合掌。