メーカー別 繊維ニュース

三陽商会/母の日に欲しいのは“時間”

2019年05月07日(Tue曜日) 午後4時8分

 「一番欲しいものは、時間」。三陽商会はこのほど、中学生以下の子供を持つ関東エリアの20~40代の母親600人を対象に、「母の日に関するアンケート調査」を実施した。母の日に一番欲しいものは“自由に使える時間”や“家族と過ごす時間”で、モノよりも「時間」を望んでいる。

 「独身時代と比べ母親となって一番足りていないと思うことは」に対して51%の母親が「自由に使える時間」と回答。育児や家事が増えたためだ。「育児・家事から解放されたいと思った瞬間があるか」という問いには、71%が「はい」と答えた。

 「母の日に一番欲しいものは」に「時間」と回答した人も81%で、「花や手紙など感謝の気持ち」の12%を大きく上回った。「自由に使える時間がプレゼントされたら」には、「買い物に行く」(44%)、「友達と過ごす」(36%)、「美容院など自分磨きに使う」(34%)が続いた。

 こうした調査を踏まえ、三陽商会は「母の日を、わたしの日に」キャンペーンを実施する。27日~5月12日の期間、婦人服10ブランド(対象171売り場)で2万円以上の商品を買い上げた先着2500人に、ベビーシッター・家事代行サービス「キッズライン」の3千円クーポンをプレゼントする。