中国・高級レディース/1~3月は減速鮮明に/急成長が曲がり角か

2019年05月14日(Tue曜日) 午後4時21分

 高級レディース上場企業6社の2019年1~3月業績は、3社が前年同期に比べ減益になるなど、減速が鮮明になった。消費の“昇級(アップグレード)”を追い風に16年から急成長してきたが、曲がり角を迎えた可能性がある。

 高級レディース「V・GRASS」の維格娜絲時装は、純利益が79・6%も落ち込んだ。売上高も8・7%減った。ブランド別の売上高は、V・GRASSが1億8442万元、高級錦織ブランド「元先」が472万元、ティニーウィニーが4億9824万元で、それぞれ12・2%、1・6%、7・5%減った。

 高級レディース「LANCY FROM25」と中価格帯のレディース「LIME FLARE」、美容事業などを展開する朗姿は、11・8%増収だったが純利益は12・5%減った。

 中高級レディースカジュアル「broadcast 播」を運営する日播時尚は、純利益が54・1%減った。大幅減益の要因は、18年第2四半期に投入した二つの新ブランドの立ち上がりが遅いことなど。

 深セン歌力思服飾は、増収増益だったものの、18年までの2桁%増収増益に比べると見劣りがする。メインの高級レディース「ELLASSAY」の売上高は10億358万元で、4・3%増えるにとどまった。

 中高級レディースカジュアル「DAZZLE」を展開する地素時尚は、純利益が32・6%増えた。もっとも政府の補助金などの特別損益を除いた利益は、12・2%増にとどまる。