メーカー別 繊維ニュース

繊維事業が営業赤字に/シキボウ

2019年05月15日(Wed曜日) 午前11時38分

 シキボウの2019年3月期連結決算は売上高408億円(前期比1・3%減)、営業利益24億円(12・9%減)、経常利益21億円(10・2%減)だった。ゴルフ場関連固定資産の減損損失など特別損失28億円を計上したことで最終損益は14億円の純損失となった。

 繊維事業は売上高226億円(3・8%減)、営業損失7600万円(前期は営業利益5500万円)だった。原糸はベトナム、インドネシア生産品の拡販が進み、国内工場のコスト削減で利益面が改善したが中高級衣料品の需要低迷で減収となった。中東民族衣装用織物の輸出は現地市況低迷で減収。ユニフォーム地は備蓄アパレル、企業別注向けともに販売好調も原燃料価格や物流費の上昇で減益。リビング用途も羽毛原料高騰による販売数量減少で減収だった。

 今期は連結売上高415億円、営業利益26億円、経常利益22億円、純利益14億円を見込む。