伊藤忠繊維カンパニー 「商いの次世代化」加速

2019年05月16日(Thu曜日)

 伊藤忠商事の諸藤雅浩常務執行役員・繊維カンパニープレジデントは15日、東京本社で会見し、2019年度は「商いの次世代化」などに取り組み、過去最高となる純利益330億円を目指す意欲を語るとともに、保有株式を40%に買い増したデサントについて「企業価値の向上を第一義的に位置付ける」と全面協力の姿勢を示した。