メーカー別 繊維ニュース

三陽商会「ブルーレーベル・クレストブリッジ」/秋冬キーアイテムは「マウンパ」

2019年05月22日(Wed曜日) 午後4時13分

 三陽商会は、婦人服「ブルーレーベル・クレストブリッジ」19秋冬企画で、8月下旬~9月中旬にウール素材のアウターを投入する。10月の消費増税を想定したもので、消費者の駆け込み需要に対応。春夏シーズンに売れ筋となったマウンテンパーカも秋冬モデルにデザインし、上品な印象に仕上げている。

 同社では「9月に定番アウターを提案し、トレンチやダッフルコート、ダウンジャケットも店頭に並ぶ予定」と説明する。トレンチコートは背中部分にプリーツを寄せた変形タイプを展開するほか、同ブランドのアイコンである“クレストブリッジチェック”の柄を使ったデザインもそろえる。

 一方、秋冬の婦人マーケットで久々にロングブーツが提案されることから「バランスが取りやすいブルゾン丈のアウターを販売する」と話す。キーアイテムに掲げるマウンテンパーカは、ブルゾン丈の動きやすいデザインで、金ボタンとネービーカラーで上品さをプラスした。価格は2万9千円。

 アウター以外では、トレンチディテールを採用したスカートやフェミニンなニットワンピース、キュロットなどを展開する。細部の仕様で「エッジを効かせる」としている。