中国/蘇州でPTA生産増強/化学繊維の東方盛虹

2019年06月06日(Thu曜日) 午前11時37分

 江蘇省蘇州市に本拠を置き、化学繊維の製造・販売を手掛ける江蘇東方盛虹はこのほど、全額出資子会社の江蘇虹港石化が、同省連雲港市でポリエステルの原材料である高純度テレフタル酸(PTA)の生産能力を増強すると発表した。投資額は38億5800万元を見込む。

 5月23日に開いた董事会(取締役会)で決議した。PTAの生産規模拡大や化学繊維産業での競争力、収益力の向上を目指し、連雲港石化産業基地(連雲港市徐¥文字(U+5729)新区)の工場を拡張する。拡張分の年産能力は240万トンで、工期は2年を見込む。

 虹港石化は主にPTAを製造・販売しており、現在の年産能力は150万トン。

 江蘇東方盛虹は1998年の設立。化学繊維の研究開発(R&D)や製造・販売を手掛け、石油精製、パラキシレン(PX)・エチレングリコール、PTA、ポリエステル、化学繊維という産業チェーンの一体化を目指している。〔NNA〕