マイナス成長が続く/中国・百貨店の衣類販売額

2019年06月11日(Tue曜日) 午前11時48分

 【上海支局】政府系調査機関、中華全国商業情報センターがまとめた、百貨店を中心とする全国大手小売企業の2019年1~4月衣類販売額は、前年同月に比べて7・3%減った。

 同販売額の増減率は、ネット通販が広がり始めた10年から伸び率が下がり、15、16年には前年割れした。17年は持ち直したものの、18年は2・3%減り、再び水面下に沈んだ。

 同販売額は、社会消費品小売総額の服装類の統計との違いは、電子商取引(EC)を含んでいない。