「ITMA2019」プレビュー

2019年06月14日(Fri曜日)

繊維機械の新潮流を発見

 国際繊維機械見本市「ITMA2019」が20日から26日までスペイン・バルセロナで開催される。4年に1度開かれることから“繊維機械のオリンピック”とも言われる「ITMA」。今回も世界の有力繊維機械メーカー、パーツメーカーが、最新機種とソリューションを披露する。繊維産業を取り巻く環境が大きく変化する中、新たな潮流を発見する絶好の機会になることは間違いない。

 ITMA2019は、バルセロナの国際展示場「フィラ・デ・バルセロナ・グランビア」で総計22万平方㍍の展示スペースを使って開催される。世界46カ国・地域から1700社以上が出展し、147カ国・地域から12万人の来場を予想するなど文字通り世界最大級の国際繊維機械見本市となる。

 展示カテゴリーも「紡績機械」「織機」「編み機」「染色加工機」「捺染機」のほか「ファイバー・ヤーン」「染料・加工剤」「縫製・刺しゅう」「不織布」、さらに「リサイクル・ソフトウエア」そして「研究機関」まで網羅。繊維産業の現在と今後の全体像にワンストップでアクセスできる展示会といえよう。