山形県のニットメーカー 強みを生かし価値示す

2019年06月17日(Mon曜日)

 山形県のニットメーカーが自社の強みの訴求に力を入れ始めている。「時流を追い掛けるよりも、得意とする技術を提案する方が価値を示せる」と捉えるためだ。企業・産地間の連携が進み、「足りない部分は他社の力が借りられる」ようになったのも大きい。