商社OEM 2019

2019年06月26日(Wed曜日)

サステイナブルが大きな潮流/独自性や協業もポイントに

 商社の製品OEM/ODM事業の大きな流れは、サステイナブル(持続可能な)にある。各社の展示会での打ち出しを見てもそれは明らか。主軸は地球環境保護やエコロジーだが、作る責任・使う責任や、労働環境などその切り口は、国連が提唱するSDGs(持続可能な開発目標)へと広がる。この潮流に加えて各社が意識するのが、独自性の追求やその実現に向けた社内外の協業。背景にあるのは、日本市場の縮小と衣料品消費不振だ。