大塚家具/中国で高級羽毛布団販売/高級高齢者施設に家具も

2019年07月09日(Tue曜日) 午後3時46分

 大塚家具は中国で、高級羽毛布団「ダウナ」などの寝具の販売を今月始める。

 ダウナは、大塚家具の有明本社を訪れる中国富裕層に人気の商品。中国の実店舗で上質な寝装品を展示し、「IDC OTSUKA」ブランドを市場に浸透させる第一歩にするとともに、中国の好みを探るアンテナショップとして展開する。

 販売に当たっては、北京の北京居楽佳科貿、上海の大連木創空間設計と代理店契約を結んだ。さらに中国の法規制や商習慣に精通している越境EC(電子商取引)マーケティング企業、ハイラインズ(東京都渋谷区)を間に入れた。

 ほかにも北京華連集団投資股●などが出資する合弁企業の中商経聯〈北京〉商貿が運営する高級高齢者施設に家具や内装業務を提供することで、中商経聯〈北京〉商貿と合意した。大塚家具は2019年内をめどにプロジェクト第1号を手掛ける予定。

(●はにんべんに分)