ユニクロ/10月にインド進出/同時期に3店舗体制へ

2019年07月19日(Fri曜日) 午後3時37分

 ファーストリテイリング傘下のユニクロは17日、インド1号店をデリー首都圏に出店すると発表した。人気の高いショッピングエリアの一つであるバサントクンジにある「アンビエンスモール」に出店。今年10月のオープンを予定し、同時期に2、3号店の開設も計画している。

 インド1号店は3フロア構成で、売り場面積は約3300平方メートル。婦人・紳士服、キッズ、ベビーなどのフルラインの商品構成になる。2号店はニューデリーのショッピングセンター「DLFプレイス・サケット」に開設し、売り場面積は約2千平方メートルになる。3号店は新興都市グルガオンの中心部にある「DLFサイバー・ハブ」に店を構える。

 ユニクロを展開するファーストリテイリングの柳井正会長兼社長は「ユニクロは、インド市場でのビジネスに注力する。3店舗の同時期オープンは、ユニクロの世界戦略にとって重要な一歩」とコメントしている。2、3号店もユニクロのフルラインをそろえる予定。