全国テキスタイル産地Ⅰ

2019年07月30日(Tue曜日)

活路は「連携」と「海外」

「いよいよ本当に危なくなってきた」――。ある日本の中堅生地商社トップがこう漏らす。何が危ないのか。日本で生地を作って売るというテキスタイルビジネスに暗雲が立ち込め、業績の維持拡大はもちろん、会社存続にさえ危機感が漂ってきた。背景にあるのは少子化と売り場の減少。以前からこの現象の到来は指摘されていたものだが、全国にショッピングモールが建設され、ここに向けた“仮需”でこの数年間はしのいでこられた。しかしその建設ラッシュも終わり、“仮需”も消滅。繊維製品が売れないという現象が表面化した。アパレルやSPAは発注控え傾向を強め、それが生地商社の生地販売にも影響し始めた。自ずと、生地商社から産地や染工場への発注も減る。各産地が総じて生産数量を減少させている主要因はここにある。全国に散らばる産地企業の取り組みから活路を探る。