メーカー別 繊維ニュース

帝人/レネゲード社の買収完了/航空・宇宙を950億円超に

2019年08月06日(Tue曜日) 午後3時52分

 帝人は米国レネゲード社の買収で、このほど株式譲渡に関する諸手続きを完了し8月1日(米国時間)に完全子会社とした。

 レ社が他社に先駆けて展開してきた優れた耐熱性と熱サイクル耐性とを両立させた熱硬化プリプレグの生産技術と帝人が蓄積してきた炭素繊維や熱硬化性・熱可塑性中間材料のノウハウ、ラインアップ、評価設備、販売チャネルなどとのシナジーを追求。最新鋭航空機向けのエンジン部材などでの潜在ニーズに応える製品のグローバル展開を推進する。

 帝人は航空・宇宙用途向けの炭素繊維製品の年商を2030年ごろまでに950億円超に引き上げる中期戦略に取り組んでいる。買収完了に当たって乾秀桂炭素繊維事業本部長は、「環境規制の高まりに伴う低燃費化の要請に応える“軽くて強い”高機能素材の拡大を図