早まる19秋冬寝具商戦①

2019年08月13日(Tue曜日)

 寝具の19秋冬商戦は、10月に予定されている消費増税前の駆け込み需要を取り込もうと、例年より早い8月中旬から始まりそうだ。商戦に臨む各社の注力商品を紹介する。

西川「西川プレミアム匠技」 旧3社の技を融合

 西川は、「モダナイズされた紋様」と「丁寧なモノ作り」をテーマに、東京、大阪、京都の3オフィスの強みを融合したハイエンドラインの「西川プレミアム匠技」を打ち出す。羽毛布団では、優れた保温性を発揮する特殊2層構造の「ダブルフェイスキルト」仕様(京都オフィス)、“出雲の糸”の綿サテン(東京オフィス)に、透湿性・防塵(じん)性に富む「ゴア」メンブレン加工(大阪オフィス)を施した“側”(中わたを入れる前の半製品)などの各技を採用した。

 真綿掛け布団、敷布団類、カバー類、毛布・パッド類もそろえた。

ロマンス小杉「ロマンスナイト」 温かさパワーアップ

 ロマンス小杉の「ロマンスナイト」は、発売後20年以上のロングセラー商品。羽毛を真綿で包んだ3層構造のオリジナル掛け布団で、吸湿性・放湿性に優れるシルクと保温性を高める羽毛、これらを包む生地により、快適な寝心地を提供する。今シーズンは“側”にブラックシリカ練り込み糸を使用した新商品を投入する。「ロマンス岩盤浴」シリーズで使用しているブラックシリカは、遠赤外線を半永久的に放出する天然鉱石。未使用生地との比較実験で約5・5℃の差が出ている。