メーカー別 繊維ニュース

東レ/「ホワイト物流」に参画/自主行動宣言を提出

2019年09月10日(Tue曜日) 午後4時11分

 東レは「ホワイト物流」推進運動の趣旨に賛同しこのほど自主行動宣言を提出した。物流の改善提案と協力、パレット等の活用といった6項目を掲げ、持続可能な物流の実現を目指す。

 東レは深刻化している物流危機を克服するため、(1)物流の改善提案と協力(2)パレット等の活用(3)リードタイムの延長(4)法令順守状況の考慮(5)働き方改革等に取り組む物流事業者の積極的活用(6)異常気象時等の運行の中止・中断等――を自主行動として宣言する。

 トラック運転者の拘束時間増につながる付帯作業の削減、荷役時間削減のためリフト荷役が可能なパレット等を拡大、輸送距離に応じた十分なリードタイムの確保――などに取り組んでいく。

 ホワイト物流は深刻化するトラック運転者不足に対応し、国民生活や産業活動に必要な物流を安定的に確保するとともに、経済成長に寄与することを目的する。2019年4月に経済産業省、国土交通省、農林水産省が上場会社、各都道府県の主要企業約6300社に参加を呼び掛け始めた。