メーカー別 繊維ニュース

東レ/サウジプラントから大規模受注/海水淡水化向け「ロメンブラ」で

2019年10月15日(Tue曜日) 午後2時47分

 東レはサウジアラビアのシュアイバ第3海水淡水化プラントの増設2期およびシュアイバ第4海水淡水化プラント向けに合計で65万立方メートルという大規模な増水量を生む逆浸透膜(RO)膜「ロメンブラ」を納入する。

 大型プラントにRO膜を納入することで、中東地域の水不足問題解決の一助になるほか、サウジ政府が推進し日本政府も支援するサウジビジョン2030にも貢献することになる。

 東レはシュアイバ第3海水淡水化プラント増設1期に「ロメンブラ」を納入。ここでの10年以上にわたる稼働安定性が評価され、今回の受注につながった。

 東レの「ロメンブラ」は下水の浄化や工業用途などで幅広く使われており、これまでの累積出荷量は生産水量ベースで6800万立方メートル以上になり、生活用水に換算すると4億8千万人(世界人口の6%超)の需要を賄える規模に達する。