地場下着ブランドを買収/米PEアドベントインド

2019年10月17日(Thu曜日) 午前11時48分

 米プライベートエクイティ(PE)企業のアドベント・インターナショナルは、インドの女性向け高級下着ブランド「エナモール」の全株式を取得したと発表した。取引額は約32億ルピー(約48億円)。「エコノミック・タイムズ(電子版)」が伝えた。

 アドベントは、エナモールの株式を支配株主(プロモーター)のほか、地場PE企業インディア・オルタナティブスとファーリング・キャピタルから取得した。アドベントのビノド・パディッカル取締役によると、エナモールの事業運営は今後も現在の経営陣が担う。

 エナモールは2001年に設立された。女性用下着のほか、スポーツウエア、アスレジャー(運動と余暇を組み合わせた造語)ウエアなども手掛けている。直営店を20カ所で運営するほか、全国で4500カ所以上に販売拠点を設置している。

〔NNA〕