2019年秋季総合Ⅱ

2019年10月29日(Tue曜日)

日本の繊維製品は欧米でどう評価されているのか

日本製への過信は禁物

 日本でデザイン、縫製した繊維製品が、欧米でどう評価されているのか――。ファッションデザイナーをはじめ、繊維産地の関係者、インバウンドで活況な小売店のバイヤーも気になるところだろう。「日本の製品は品質が素晴らしい」と聞こえのよい言葉で回答する欧米人とは別に、ビジネスの現場で日々、感度の高い欧米人バイヤーや消費者と対峙するエニス(パリ市)の塩川嘉章社長に話を聞いた。同氏は「外国人が持つ日本のイメージを正しく知ることが大切」と語る。