テックスビジョン2019ミカワ

2019年11月12日(Tue曜日)

エシカルをテーマに広くPR

15、16日に三河で総合展開催

 三河産地の繊維総合展「テックスビジョン2019ミカワ」が15、16の両日、愛知県の蒲郡商工会議所で開かれる。「エシカルミカワ~人にやさしく、地域にやさしく、地球にやさしく」をテーマに多彩な事業を通じてエシカルや三河産地のアピールを図る。

 会場の入口一帯は三河産地のエシカルの取り組みを紹介するコーナーを設け、誰もが始められるエシカルをPR。15日午後4時からの講演会では、「国内外のエシカル市場の最新動向(仮題)」と題し日本テキスタイルデザイン協会副理事長の大場麻美氏が話す。

 今回の出展企業数は前回の倍となる約40社。三河には多種多様な繊維企業があるということを来場者に周知する。

 ほかにも、地元の小学生によるアイデア作品展「こんな繊維があったらいいな」に加え、地元企業の即売会や手織りや染色体験などのワークショップも開く。